医療機器紹介 

動物とオーナー様双方にとって、ご満足いただける十分な設備を整えております。
医療機器の一部をご紹介いたします。














デジタルX線画像診断システム
撮影されたレントゲンデータをコンピューター処理し、より解析しやすくします。X線検査により、気管・肺・心臓などの胸腔内臓器、肝臓・消化管・腎臓・膀 胱などの腹腔内臓器、骨や関節などを観察します。

超音波画像診断装置
動物に侵襲を与えず、体の表面から内部の状態を観察する画像診断装置です。腫瘍の有無や肝臓、胆嚢、腎臓、膀胱、消化器、膵臓などの腹腔内臓器の構造を観 察することができます。また、心臓の動きや血流の速度・逆流など心臓の状態を診断できます。

顕微鏡
血液血球検査、細胞診断検査、糞便検査、尿検査、耳垢検査、皮膚検査等、広く診断のために使用されます。



























動物用人工呼吸器
麻酔中の呼吸管理を自動的に行えます。

自動性化学分析装置VETTEST
血液中の様々な成分を分析し、腎臓値、肝臓値、血糖値など様々な血液中の数値を測定します。

整形外科用ドリル
骨折や脱臼などの整形外科手術、椎間板ヘルニアなどの神経外科手術、抜歯などの歯科手術に使用します。



























生体情報管理モニター
主に手術中に使用し、麻酔中の多岐にわたるバイタルサイン(心電図・心泊数・脈拍数・血圧・呼吸数・酸素飽和度・血中二酸化炭素分圧・体温など)をモニ ターすることができます。

全身麻酔器
手術や検査などで麻酔を必要とする場合に使用します。麻酔深度、酸素濃度を調節することができます。

超音波スケーラー
超音波を使って、歯に付着した歯石を除去するのに使用します。