最新医療の現場





2012年12月、ファミリー動物病院に細胞 培養設備が導入され、当院にて細胞培養治療が実施できる体制が整いました。
細胞培養治療とは、自分の細胞を培養して治療にあてる先進医療で、臓器の再生・治癒を促す再生医療、
副作用のない癌治療/リンパ球活性化療法を現在行っております。






レントゲン検査や超音波検査では診断が困難な内部構造を検査することが可能で、
椎間板ヘルニアや腫瘍性疾患、骨・関節疾患や胸・腹部疾患、水頭症などの
一部脳疾患において非常に有用性の高い診断装置です。

> 詳細はこちら

再生医療とは、体内の組織が疾病や外傷などで損傷を受けた際に、
通常では再生することの難しい組織とその機能を回復させる医療分野です。

> 詳細はこちら

動物には生まれつき免疫と呼ばれる働きが備わっており、
体の中に侵入した細菌やウイルス、あるいは体に発生したがん細胞を排除する働きあります。

> 詳細はこちら

動物とオーナー様双方にとって、ご満足いただける十分な設備を整えております。

> 詳細はこちら

当院で実施されている外科手術および過去5年間の手術症例です。
直近の手術症例は、ブログにてご紹介しています。

> 詳細はこちら